さらりと爽やかに楽しめる日本酒、「稼ぎ頭」。今までの日本酒とは違い、「稼ぎ頭」は香りも旨みも新しい世界観を持っています。



昨今、似たような商品やアイデアが飽和状態になっています。そんな中、必要とされるのは新しい視点。新しい感覚や発想に導いてくれる人こそが現代の稼ぎ頭です。「稼ぎ頭」は、「日本酒とは…」という固定概念を取り払い、新しい世界を広げる味を持っています。



京都伏見で300年以上の歴史をもつ蔵元、増田德兵衞商店の職人が心を込めて造りあげた稼ぎ頭」をぜひお楽しみください。

新着情報

<2018年3月>

「ワイングラスでおいしい日本酒アワード 2018」のプレミアム純米部門で、「稼ぎ頭」が金賞を受賞しました。

<2013年7月2日>

2013年7月3日(水)~9月9日(月)にフランス・パリの​ギメ美術館で、

展覧会「魯山人の美―日本料理の天才1883-1959―」が開催されています。

ヨーロッパ初の北大路魯山人の大規模展覧会で、器のほか日本料理、日本の文化が広く紹介されています。

そのオープニングレセプションで、文化大臣、文化庁長官、大使といった日仏の要人、セレブリティに

純米酒「稼ぎ頭」がふるまわれました。

 

​<2013年3月1日>

3月6日~12日、松屋銀座店にて、日本酒フェア開催!!

関東方面ではまだまだ取り扱いの少ない『稼ぎ頭』をお買い求めいただけるチャンスです。

8日・9日・10日には試飲もご用意いたしております。

<2012年6月1日>

稼ぎ頭のWEBサイトを公開いたしました!



<2012年6月13日>

日経流通新聞(2012年6月13日水曜日発行号の)の新製品の紹介ページで
『稼ぎ頭』が紹介されました。

 

未成年者の飲酒は法律で禁じられております。お酒は20歳になってから。妊娠中や授乳中の飲酒は、胎児・乳児の発育に影響 する恐れがございます。ご注意ください。

© KASEGI GASHIRA